研究部門

平成29年4月から新に研究部門が加わりました。S-チルのこれまでの活動や震災に関する研究、研究会等を行っています。

学会発表等

  • 一條玲香・加藤道代『震災遺児・孤児への学習支援を通した学生の学びに関する研究』第72回東北心理学会 2018年11月23-24日 於:岩手大学

  • 一條玲香・加藤道代『震災後の電話相談における相談員の対応①―東北大学大学院教育学研究科”震災子ども支援室”における相談記録の量的分析』第37回日本心理臨床学会 2018年8月30日-9月2日 於:神戸国際展示場

  • 加藤道代・一條玲香『震災後の電話相談における相談員の対応②―東北大学大学院教育学研究科”震災子ども支援室”における相談記録の内容分析』第37回日本心理臨床学会 2018年8月30日-9月2日 於:神戸国際展示場

  • Reika ICHIJO・Michiyo KATO "Support for Children after the Great East Japan Earthquake: Trends and Characteristics in Consultations Conducted by the Support Office for Children Affected by the Disaster" 16th WAIMH world congress in Rome May.26-30,2018

  • 一條玲香・加藤道代『東日本大震災をきっかけに里親となった親族の心境』第29回日本発達心理学会 2018年3月23-25日 於:東北大学

  • Reika ICHIJO・Michiyo KATO "Investigation of the Children's Support Office's Efforts to Support Mental Healing" World Bosai Forum/IDRC 2017 in Sendai Nov.25-28,2017

  • 一條玲香・大堀和子・押野晶子・平井美弥・加藤道代『東日本大震災の子ども支援―“S-チル”5年間の相談を概観して―』第71回東北心理学会 2017年7月15-16日 於:尚絅学院大学

論文

研究会

震災こころの支援研究会(D研)
S-チルでは、震災におけるメンタルヘルスや心理支援について考える「震災こころの支援研究会(通称:D研)」を運営しています。震災とメンタルヘルスに関する読書会や勉強会を行っています。この分野に関心のある方でしたら、どなたでも参加可能です。研究会で取り上げた文献は「D研文献リスト」をご覧ください。日々の活動については、Facebookで報告しています。


<今年度の活動予定> 6/5, 6/26, 7/10,7/27, 8/28, 9/18, 10/10, 10/31, 11/14, 11/21, 12/5, 2/1, 2/12


学会発表等(D研)

渡邊久留美・久我樹里佳・菅原朋・富田悠斗・千葉柊作『大規模災害における心理学的研究動向―子供に焦点を当てて』第72回東北心理学会 2018年11月23-24日 於:岩手大学

富田悠斗・塚越友子・関奏子・二本松直人・千葉柊作<自主シンポジウム>『東日本大震災を学ぶー当事者・実践者・研究者の視点からー』第72回東北心理学会 2018年11月23-24日 於:岩手大学