トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

卒業論文に関する諸連絡

卒業論文に関する諸連絡

 卒業論文に関する諸連絡

本研究室の学生で、2018(平成30)年度卒業論文を提出する方は、以下の事項に注意してください。(注意事項ダウンロード:PDF 50kb)
なお、修士論文に関しても、本ページの注意事項を準用します。

  • 論文の提出に関する注意
    • 卒論提出にあたっては、あらかじめ教務係で卒業論文提出届(所定の用紙)を受け取り、題目を確定したうえで指導教員の署名・捺印をもらうこと。当日指導教員が不在の場合もあるので事前に確認すること。
    • 締め切りは1月10日(木)午後5時であり、厳守すること。提出先は教務係の窓口。
    • 論文本体と同時にA4版で1,000字程度の内容要旨(抄録)の提出が必要。卒業論文には綴じずに提出すること。
    • 保存用として、内容(表紙、要旨、論文本体の順)を1つにまとめたPDF形式の電子データを、教育政策科学研究室〈seisaku-1[at]sed.tohoku.ac.jp〉に送信すること。([at]は@に変換すること)
      • メール件名を「平成30年度教育政策科学卒業論文(氏名)」とし、ファイル名を「2017卒論(氏名)」とすること。締め切りは1月11日(金)午後3時。
      • ファイル名に関しては「2018卒論(氏名)」として提出してください。訂正して、お詫び申し上げます。(2019年1月10日16時42分訂正)
  • 卒業論文の書式
    • 印刷用紙サイズについて
      • ページ設定(余白、文字数×行数)は以下の図を参考にすること。
      • A4版用紙に片面印刷したものをファイル(後述)に綴じて製本すること。

               (例)

    • 体裁の詳細について
      • 目次を作成する。頁番号はローマ数字(,,,…)とする。
      • 目次→本文の順とする。本文のページ番号は半角アラビア数字(1, 2,3, …)とする。
      • 図表目次の作成は任意とする。
      • 図表と引用文献記載の体裁については各研究分野のスタイルガイドに沿う。
      • 謝辞の執筆は任意とするが、Acknowledgements的な内容は必ず記載すること。(例:論文を執筆するために具体的な協力をしていただいた個人、組織等)
  • 製本・表紙について
    • 907室で所定のファイルを受け取り、それに綴じて提出すること。
    • 表紙、背表紙は下記(例)を参考にすること。テプラ等を使用してかまわない。
      • テプラは914室(院生室)に1台ある。使用希望者は事前に大学院生に相談すること。
  • 口述試験について
    • 卒業論文の口述試験は2月上旬に実施予定である。その際、卒業論文のコピーを1部持参すること。詳細は研究室ホームページ等で後日連絡する。

    (表紙例)