トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

FrontPage

教育政策科学研究室・ウェブサイト

客観的な根拠(エビデンス)を重視した教育政策の推進が求められています。大学院における教育プログラムとしての教育政策科学コースでは、社会学、経済学、政治学といった多様なディシプリンをベースとした教員が、教育社会学領域教育行政学領域比較教育学領域の3領域を構成します。高度な統計学的手法を用いた実証的研究を基軸として、歴史研究、比較研究、そして規範的研究についての教育プログラムを提供します。この教育プログラムを学ぶことによって、皆さんは客観的な根拠(エビデンス)を用いた教育政策の推進のための不可欠なスキルを身につけられます。さらに、より普遍的なスキルである課題発見力、分析力、課題解決力、独創性、表現力、コミュニケーション力を身につけ、教育分野の政府機関、民間企業(調査会社・シンクタンク)、NPO等で活躍できるようになれます。

教育学研究科棟(左),研究室から見た夕方の風景(右)

 構成領域(専任教員

教育社会学領域(福田亘孝、島一則)
教育行政学領域(青木栄一、後藤武俊)
比較教育学領域(井本佳宏)

 最新情報

【学部4年生のみなさんへ】2020年度卒業論文中間報告会に関して(2020年9月12日更新)
2020年9月17日(木)に卒業論文の中間報告会をオンラインで開催します。2020年度に卒業論文を提出予定の方は全員出席してください。資料のフォーマット、その他の情報をお知らせのページで確認し、教育政策科学研究室Slack上の2020年度卒論中間報告会チャンネルに9月15日(火)23時59分までに報告資料を投稿してください。

【教育政策科学コースに関心のあるみなさまへ】
オンラインオープンキャンパスの動画が公開されました。

 東北大学教育学部:教育政策科学の研究紹介
 東北大学教育学部:教育政策科学の施設紹介

「若年者のライフスタイルと意識に関する調査」へのご協力に対するお礼とお願い
この度は、「若年者のライフスタイルと意識に関する調査」にご協力いただきまして、まことにありがとうございます。質問の数がやや多く、思い出したり想像したりするのが難しい質問もなかにはありますが、できる範囲でお答えいただけましたら幸いです。あなたご自身のお考えをありのままにご記入ください。お送りいたしました封筒の中には、調査票、返信用封筒(切手貼付済)が入っております。ご記入いただいた調査票は、お手数ですが同封の返信用封筒に入れ、密封のうえ、そのままポストに投函していただきますよう、よろしくお願いいたします。回収期間は、2020年8月10日(月)から9月15日(火)までです。この調査は、意見の全体的な傾向を把握するために行うもので、お寄せいただいた調査票は、統計的に処理いたします。例えば、「現在の若年者において、希望通りの職業につけた人の割合は○○%である」というような数値としてまとめます。お名前などプライバシーに関する事柄や個人のご意見が外部に漏れるようなことは決してないことを、かたくお約束いたします。調査票の整理番号も、回収の確認目的のみに用います。また、ご返送いただいた回答済み調査票はデータとして入力した後、シュレッダーで処理した上で廃棄します。調査に関してご不明な点等がございましたら、調査票表紙に記載の調査実施責任者連絡先までメールをいただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。本調査の結果は、「若年者のライフスタイルと意識に関する調査」報告書として、本HPにアップロードいたします。

【学部4年生のみなさんへ】2020年度卒業論文中間報告会に関して
2020年9月17日(木)に卒業論文の中間報告会をオンラインで開催します(※18日にスライドする可能性がありますので、両日ともスケジュールを空けておいてください)。2020年度に卒業論文を提出予定の方は全員出席してください。資料のフォーマット等、その他の情報はお知らせのページをご覧ください。
【新入生のみなさんへ】
院生室の入室等に関するご連絡です。以下をダウンロードしてご確認ください。

  教育政策科学コース新入生の皆様へ.pdf(242)
  ※Edgeでダウンロードできない場合は、Chromeでお試しください。

過去のお知らせ研究室からのお知らせをご覧下さい。

 最近更新されたページ

<震災関係での教育政策科学研究室臨時トップページ>(2011年3月20日開設,4月25日閉鎖)は,メニューの「震災関連臨時トップページ記録」に移行しました。


検索

アクセス(2011年3月27日〜)
420641
最終更新時間:2020年08月29日 20時11分13秒

キーワード